INTERVIEW

形に残る仕事に誇り。

KYOHEI FUJITA

工務部 2015年入社藤田 恭平

社会人として会社に勤めるうえで一番感じたのは、学生時代のように、物事をいい加減にやってはいけないということですね。お客様や、社内の各部門と関わる仕事においては、自分の行動一つひとつに責任がついてまわりますから。

私はそれを会社の先輩方を見て学ばせてもらいました。自身の仕事に不備があると、関連する職場の人たちにも迷惑が掛かりますから、妥協することがないですよね。そんな姿勢を見て、まず感じたことです。

もちろん、入社したての頃は、先輩方の仕事について行くのが精一杯でした。でも、横山工業所には、年齢の近い先輩が新人に教えてくれるシステムがあるので、年配の管理職に質問して指導を受けるより訊きやすい空気があります。

私が勤務する工務課は、図面を書いて材料を発注し、発注元や施工の現場に伝え、施工後のチェックまでを担う仕事です。マンションが完成すると、内覧会が開かれるんですけど、これから新しい住まいで始まる暮らしを楽しみにしていらっしゃるお客様の表情を見ると、途中には色々あった苦労も報われた感じがします。

就活に臨む学生の皆さんは、自分の仕事がどんな形で世の中に貢献することになるかイメージしてほしいですね。この仕事って、造りあげたものが形となります。街を歩いていても自分が関わった物件を見ると、街づくり、暮らしづくりに少なからず貢献できているんだなと感じることができます。

専門的な知識は実際の仕事を通して学ぶものですし、この会社には、導いてもらえる先輩たちがたくさんいますから、まずは横山工業所に興味を持ってもらいたいです。